満洲事変

向こうは死に体でこっちは一番なんだ

泡沫政党を悼む

2016年も個性的な政党が結党され、そして消えていった。

 

日本を元気にする会

f:id:zhongdanhai:20161226005222p:plain

 

みんなの党の残党の参議院議員が集まって2015年1月に結党。タリーズコーヒーの創業者の松田公太代表が今年の選挙で再選するために必死であれこれ策を張っていた姿が印象的だった。去年の暮れに離党者を出して所属議員が4人になったのが運の尽き(5人いないと政党要件を満たせず政党助成金が貰えなかったり比例代表候補を擁立できない)で、その後は乙武洋匡氏を出馬させようとして誓約書まで書かせたのに自民党に逃げられ、逆ギレして氏の不倫を文春にタレコんだり色々やったが、結局代表は出馬を断念して参院選には1人も候補を擁立しなかった。参院選後残された2人の非改選議員が会派存続の届け出を出さず、自然消滅。合掌。

 

改革結集の会

 

 f:id:zhongdanhai:20161226005149p:plain

 去年の12月に維新の党の分裂騒ぎの中で維新の中間派(非大阪系非結い系)がひっそり結成した党。代表は村岡俊英衆院議員だったが、中心となったのは大臣までやったのに民主党政権が傾いたときに維新に逃げだした小沢鋭仁衆院議員だった。小沢議員は離党の経緯で地元の山梨の民主党から恨まれ、民維の選挙協力が始まると地元に居られなくなり、比例近畿ブロックに転出して単独1位で悠々当選していた。これにより比例の1枠を取られた大阪系にも恨まれて分裂騒ぎが始まると微妙な立場になってしまった。こういう背景で結成された党だったが、結成後は目立った政局に絡むことはなく、3月に民進党が結成されると小沢議員以外の4人は民進党に合流し、小沢議員は維新に出戻りして解散。わずか3か月の短い生涯だった。合掌。

 

新党改革

 

f:id:zhongdanhai:20161226005334j:plain

 

この党は(他の泡沫政党よりは)歴史が古く、2008年に民主党の一部議員と新党日本が潰れてから無所属だった荒井広幸議員が「改革クラブ」として結成した政党。その後下野した自民党を見限った舛添要一参院議員(当時)を迎えて「新党改革」となり、2010年の参院選は舛添効果で政党要件をクリア。しかし舛添招聘の過程で議員の入れ替わりがあり、新党改革は徐々に荒井議員の個人政党になっていった。そして荒井議員が改選を迎え、新党改革の政党要件が切れる2016年の参院選新党改革は必死の生き残り策をいくつも講じた。

 

まず、コミケ表現規制反対を訴えてネットでカルト的な人気を得つつも、ド下手くそな政局センスで民進、維新をはじめとした主要政党をほぼ出禁になっていた山田太郎議員を拾った。

 

次に大麻解禁を主張する女優の高樹沙耶(後に容疑者)を東京選挙区に擁立し、大麻解禁関連比例票(あるのか?)の掘り起こしを狙った。(高樹沙耶を比例に出すと個人票が荒井議員より集まり高木当選荒井落選という本末転倒な状態になる可能性があるのでできない)

 

最後に泡沫政治団体「平和党」の代表の大坂佳巨氏を擁立した。これは「おおさかさん」を立候補させることで「おおさか」と書かれた「おおさか維新の会」票を頂くという戦略である。

 

しかしこれらの手段を選ばない戦略も実を結ぶことなく獲得議席数はゼロに終わった。個々の戦略はどうだったのかというと、山田議員は予想外に29万票の個人票を集め、大いに党に貢献したものの荒井代表の6万票を大きく上回る結果となってしまった。大麻候補高樹沙耶は東京選挙区で6万票を集めた。しかし10月になって大麻所持で逮捕され、皮肉なことに新党改革は消滅後に世間の注目を浴びることとなってしまった。疑問票狙いの「おおさか」さんはわずか3600票で落選。普段本家の方は「維新」の方を連呼しているので当然かもしれないが残念極まりない結果である。

 

選挙終了後、荒井代表は政界引退と党の解党を宣言。新党日本に続き荒井代表の生涯2回目の解党宣言になった。合掌。

 

 

 

まとめ

 

第3極の政党が軒並み衰退傾向にある中、様々な議員の生存戦略と最後のあがきが見られた楽しい一年だった。2009年から続く政党の離合集散も一段落してしまった感があるので、来年はこのような騒ぎは少ないかもしれないが引き続きニュースの隙間に出てくる小政党の動向をひっそりと見守っていきたい。

小型特殊免許取った

先日小型特殊免許を取ろうと思い立ち、警察署に行った。

 

 

 

小型特殊免許は農業用の小型トラックなどのみを運転できるマイナー免許。構造上時速15キロしか出せないので一般の移動には極めて不向きで、しかも免許自体は普通免許や中型免許に内包されている(普通免許を取れば小型特殊自動車も運転できる)ので当然小型特殊免許のみをわざわざ人間はそうそう居ない。警察庁の運転免許統計によると小型特殊免許を特に保有している人の数は全国でわずか4万人で、20代以下に絞るとわずか400人と選ばれし者が持つ免許であることがわかる。(ただしこの数字は小型特殊を取得した後に上位免許を取得した人は含まれていない。)そんな難関免許の正体を確かめるべく我々は警察署に向かったのである。

 

 

 

取得の流れは以下のようになる。

 

①警察署で免許申請書を作成。(要身分証)

 

②警察署もしくは免許センターで申請書手数料を納付(¥2000ほど)

 

③免許センターで学科試験を受験

 

④合格すれば交付手数料(¥1800)を納付して免許皆伝。技能教習等は無し。

 

 

 

警察署で申請書作成を願い出ると、案の定「小型特殊…?」と訝しげに見られた。係の職員を困惑させながら手数料を納付し、無事申請書をゲット。これで準備は完了で、免許センターへ行くのは後日になる。

 

それから1週間後、守山駅からバスに揺られ免許センターに行ってきた。

 
f:id:zhongdanhai:20161226022502j:image

本県の免許センターは琵琶湖大橋のほとりにあり、守山駅からバスで30分、琵琶湖の対岸の堅田駅からも30分、運賃にして片道460円のどうしようもない立地にある。とは言え、普通の県民は普通免許を取得する最初の1回か、もしくはその前に原付免許を取得する時を含めた2回しかバスで来ないので誰も問題視しない。クルマ社会と官憲の横暴に憤慨しながらバスに揺られ、30分後ようやく僻地に辿り着いた。

 

 

 

窓口で受付を済ませ、試験教室に移動すると教室内は免許を皆伝されたい人々で埋まっており、普通免許(自動車、二輪)が8割強、残りは原付免許が5名と仮免許が2名、小型特殊が1名だった。肝心の試験の内容は50問中48問は原付と共通(たぶん)で小型特殊に特化した問題は2問だけでその問題の時だけ(オッ!)となった。

 

試験結果は無事合格。

 
f:id:zhongdanhai:20161226022521j:image

 

「小型特殊は構造上時速15キロまでしか出せないが、一応自動車であるため原付バイクとは異なり二段階右折をする必要はない。」これだけを覚えておけば原付免許保持者であれば誰でも受かる、そういう感想を持って帰路に着いた。

 

なお、この2週間後再び免許センターに向かい普通自動車免許を取得したため、窓口の警官に(?)という表情で見られたことを付記しておく。

開設の辞

ブログを開設しました。映画とかの話をしていければと思います。