満洲事変

向こうは死に体でこっちは一番なんだ

旧東青山駅(近鉄大阪線)と旧青山変電所を往く(3)

 

旧東青山駅(近鉄大阪線)と旧青山変電所を往く(2) - 満洲事変のつづき。

旧変電所を目指して旧東青山駅の南側を走る林道を西へと進んでいく。
f:id:zhongdanhai:20170331024902j:image

画像右手の柵は…
f:id:zhongdanhai:20170331025104j:image

やはり退役したレールの再就職だった。変電所が使われていた時代に設置されたのか、廃線時の大量に廃レールが生まれたタイミングで設置されたのかは定かではない。
f:id:zhongdanhai:20170331025803j:image

この川に差し掛かった時、突然川向うの森から大きな物音がした。割りと重量のある音でビビって身構えてしまうもその姿は見えない。
f:id:zhongdanhai:20170331030508j:image

イノシシか、はたまたクマか…怯えながら先を急ぐと、目的地の旧青山変電所が現れた。

f:id:zhongdanhai:20170331030901j:image

窓ガラスはとうに消え、窓枠も外れかかってはいるがコンクリートの外壁自体は風雨に耐えてよく頑張っている。
f:id:zhongdanhai:20170401013141j:image

橋を渡り(上の写真では分からないが道と敷地の間に川があり、ボロボロの橋が架かっている)、恐る恐る敷地に侵入すると新聞が落ちていた。
f:id:zhongdanhai:20170401013316j:image

2016年1月…?頭をよぎったのは浮浪者という可能性だが、こんな山奥に限って無いだろうと思い直し建物の中に進む。
f:id:zhongdanhai:20170401013612j:image

入り口をくぐると、そこには美しい空洞が広がっていた。
f:id:zhongdanhai:20170401014121j:image

ガラリとした部屋は想像に反して明るく、壁の白さが際立っている。
f:id:zhongdanhai:20170401015048j:image

変電所時代を思わせる設備は何も残っていない。だがそれがまた良さを引き出している。

f:id:zhongdanhai:20170401020141j:image

そう言えば旧駅の方は近鉄名義の侵入禁止看板があったが、こちらはそれすら無かった。

f:id:zhongdanhai:20170401024902j:image

奇跡的なのが、植物の侵入をあまり受けていないことだ。床の穴を覗き込むと、かなり深さがある。床下が高い構造が土の堆積を阻み、植物の定着を防いでるのかもしれない。

f:id:zhongdanhai:20170401015439j:image

広い部屋の片隅で、このスイッチだけがここが変電所であったことを小さく主張している。

f:id:zhongdanhai:20170401014216j:image

侵入者の痕跡があった。もしかすると表の新聞紙も同一犯かもしれない。
f:id:zhongdanhai:20170401014748j:image

こちらの部屋は薄暗い。しかしどこを撮っても絵になる物件だ。
f:id:zhongdanhai:20170401020612j:image

昭和4年頃竣工したというこの変電所、東青山駅の移転と共に廃止になったという訳ではなく、実はすぐ隣に建て替えられた現役の変電所があり今も近鉄線に電気を送り続けている。
f:id:zhongdanhai:20170401023916j:image

もう1つ奇跡的なことに、この廃墟はどこの部屋もまったく落書きが無い。地元のヤンキーの間で心霊文脈の噂でも流れているのだろうか?
f:id:zhongdanhai:20170401024745j:image

重厚なドアの死体が横たえられている。

f:id:zhongdanhai:20170402121146j:plain

こちらの部屋は丸い吹き抜け。
f:id:zhongdanhai:20170401021126j:image

また新聞が落ちているが、こちらは1973年のもの。石油危機で緊迫する社会情勢が伝えられていた。
f:id:zhongdanhai:20170401021412j:image

太平洋クラブライオンズ西武ライオンズの前身球団だがこの名を冠していたのは1972年からたったの6年間。貴重な見出しだ。下に阪神の江夏が内紛がどうのという記事があるが、80年代までの阪神は事ある度に内紛を起こしていたのでこちらは貴重ではない。
f:id:zhongdanhai:20170401021839j:image

この高いはしごを登り、先程の吹き抜けの上部にやって来た。
f:id:zhongdanhai:20170401021938j:image

全国(欠損)週間 7月1日~7日

(欠損)よく聞き よく話せ

全国民営鉄道協会労働安全部会

f:id:zhongdanhai:20170401022302j:image

どうも2階部に様々なゴミが押し込められたらしく、当時の日報まで置き去りにされていた。

f:id:zhongdanhai:20170401022504j:image

今なら確実にシュレッダー行きと思われる「報告書類」の類いまであり時代を感じさせられる。
f:id:zhongdanhai:20170401023219j:image

ゴミとガラスと窓枠と…
f:id:zhongdanhai:20170401022556j:image

上から見ても、この円形の吹き抜けはやはり独特の存在感がある。
f:id:zhongdanhai:20170401022902j:image

外を見ると日が射してきた。そろそろ帰らなければ。
f:id:zhongdanhai:20170401022944j:image

名残惜しいが原付の帰り道は長い。暗くなると獸が出るかもしれない。
f:id:zhongdanhai:20170401023456j:image
後ろ髪を引かれる思いで建物を出た。
f:id:zhongdanhai:20170401023605j:image

次来る時はこの絵になる美しい廃墟に相応しい写真が撮れるようになっていたい。そんなことを思いながら帰路に就いた。

(終)