満洲事変

向こうは死に体でこっちは一番なんだ

新・白亜の廃墟 ─ 豊洲市場巡検

廃墟ファンは、しばしば強い思い入れから凝った廃墟の異称を生み出すことがある。だいたいの場合は凝りすぎて滑っているのだが、センスがあれば人口に膾炙して定着することもある。

そうした傾向がある廃墟の異称だが、「白亜の~」という異称が定着した廃墟が2つあった。

1つは三重県の白石鉱山。「白亜の迷宮」と呼ばれたこの石灰石採掘施設は廃墟ファンのみならずコスプレイヤーの撮影等にも人気だったが、木造で火災の危険があり、5年ほど前に解体されてしまった。

もうひとつは「白亜の廃校」と呼ばれる岡山県の旧城南中学校だ。閉校後に石灰石関連施設に転用されていた珍しい例で、教室も廊下も白く染まっている。こちらはまだ現存している。

これらの物件が特別に「白亜」と呼ばれるのは「白い廃墟」の数が少ないからである。セピア色のような霞んだ色や生い茂る植物の緑色が印象に残る物件が多い廃墟界隈で、白という色は訪問者の記憶に特別の印象を残すと言えよう。

2017年、そんな白亜の廃墟候補の大型ルーキーが東京に現れた。

都政の空転から開業が延期されている豊洲市場である。

ゆりかもめで東から3駅目、開業に先走って名付けられた市場前駅で降りると都区内とは思えない閑散とした構内が待っている。この駅は東京23区で最も乗降客数が少ない。
f:id:zhongdanhai:20170614162636j:image

改札正面の出口はシャッターで塞がれている。この奥には市場敷地内に直結する通路があり、市場が開業していたらゆりかもめでここに来る関係者や観光客が必ず通る重要な導線となっているはずだった。

f:id:zhongdanhai:20170614163546j:image
そして改札左手には広大な空き地を挟んで奥に真っ白な市場本体が見えている。なおこれは青果市場棟で、水産卸売市場ではない。空き地には「千客万来施設」なる商業施設が開業するはずだったが、事業者(すしざんまい)の撤退で整備の見通しが立っていない。
f:id:zhongdanhai:20170614163405j:image

駅を降りると、モノレールの向こう側に管理棟が見えている。「豊洲市場」の看板が申し訳程度に隠されている。

f:id:zhongdanhai:20170614170506j:image

豊洲市場はまだ開業していません。

敷地内に入らないでください。

この建物の地下深くで涌き出している汚水が見つかったことが今回の騒動の始まりだった。
f:id:zhongdanhai:20170614170312j:image

環二通りの交差点の対角にあるのは水産仲卸売場棟。問屋から魚屋や寿司屋などの小売業者が水産物を買う市場で、この市場では一番規模が大きい。

f:id:zhongdanhai:20170614171219j:image

もっとも多くの業者が行き交う施設なので当然建物も一番大きく、近くで見るとその大きさと新築の白さに圧倒される。
f:id:zhongdanhai:20170614172722j:image

ちょっと分かりづらいが施設への入り口交差点である。覆いをかけられた信号が開業の時を待っている。
f:id:zhongdanhai:20170614173115j:image

反対側。左は管理棟で、連絡通路で繋がっている先にマグロの競りでお馴染みの水産卸売場棟となっている。
f:id:zhongdanhai:20170614173314j:image

西側の果てに着いたのは歩き続けて数分、ここから都道443号は晴海方面に大きくカーブしていく。
f:id:zhongdanhai:20170614173518j:image

水産卸売場棟の西側側面。数台車が停まっているところからすると、開業未定とは言えど都の職員か市場関係者が常駐しているのだろう。
f:id:zhongdanhai:20170614173756j:image

単なる搬入口がさながらバイパス道路のランプのように立派に整備されているのはさすが最新鋭の設備を謳う新市場といったところか。
f:id:zhongdanhai:20170614174048j:image

何もかもが新しい真っ白で巨大な施設だが、人っ子ひとり居ないのが妙な違和感を覚えさせられる。

f:id:zhongdanhai:20170614174158j:image

来た道を引き返し、青果棟南門前から青果棟を覗きこむ。
f:id:zhongdanhai:20170614174326j:image

遠目に見ると一見イオンモールの立駐入り口のように見えないこともない(田舎者の感想)
f:id:zhongdanhai:20170614174531j:image

 湾岸の土手と遊歩道が整備されているが、まったく人がいないのが大阪の咲洲を彷彿とさせる。(ここは未供用で入れないが咲洲は普通に供用中なのに人がいないのでもっとヤバい)階段が真っ白でコントラストが強い。
f:id:zhongdanhai:20170629175920j:image
何も書かれていない青看板というのも新鮮だ。
f:id:zhongdanhai:20170629180201j:image

無の看板があるのはこの環二通りが開通していないからで豊洲市場移転延期とは無関係…と思いきや、環二通りが開通していないのは築地市場の閉鎖が遅れているからで、結局都知事のせいということになる。

f:id:zhongdanhai:20170630214456j:image

周辺道路を一周し、すれ違った通行人は2~3人ほど。とにかくどこに行っても人がいない場所だった。閑散とした雰囲気の中、白い壁と誰もいない巨大施設に別れを告げて市場前駅から帰路に着いた。

締め

なんだか締まりの無い記事になってしまったが、これはダラダラと書いているうちに移転が決まってしまったからである。

これで豊洲市場が廃墟となる可能性は閉ざされてしまった訳だが、正直残念という気持ちがある。開業が決まった以上、新市場が風評をはねのけて繁盛することを祈るばかりである。