勝てなかった戦争を戦った人々へ(映画「ランボー」感想)

誰でも知っていて、批評も感想も出尽くしている映画だが、今回はランボーという作品について雑記を連ねていくこととする。

www.amazon.co.jp

 ベトナム戦後という舞台

この映画の導入を簡単に振り返ると以下の通りとなる。

久しぶりに戦友の家を訪れたベトナム帰りの兵士ランボーは戦友が既に亡くなっていることを知る。失意の帰り道、食事を取ろうと立ち寄った田舎町で保安官に身なりを怪しまれ職務質問の末に逮捕される。拷問のような理不尽な取り調べを受けたランボーはその最中にベトナムで受けた拷問のトラウマが蘇り警官をなぎ倒して逃亡する。こうして米軍最強の兵士ランボーと警察の戦いが始まる。

こうして見ると明らかになるのがベトナム戦後のアメリカという社会がいかに帰還兵に厳しかったかということである。ランボーの罪状である「浮浪罪」は社会の理不尽さの象徴であり、社会の理不尽さはランボーが経験した戦争の理不尽さと根底が共通する。だからこそランボーは警察と全面戦争に突入していく。 

痛快なアクション

ランボーが警察との戦いでたった一人で奮闘してゲリラ戦で警官を倒していく様子は痛快だ。「この町では俺が法律だ」と嘯いた警官に「この山では俺が法律だ」と囁くシーンはそれまでの視聴ストレスを一掃してくれる。警察にとって簡単に勝てると思って突入した戦いが敵のゲリラ戦で泥沼化していく様はベトナム戦争そのものであり、ランボーにとっての戦争は皮肉にも彼を戦争に送り出した米国社会を相手として再開されることになったのだ。

終局

ランボーの大暴れは治安兵力の大動員を呼び起こし、銃器や爆薬を使って抹殺しようとするが、それでもなおランボーは生き残る。ことの元凶である保安官と決着をつけるために再び警察署に乗り込んだランボーはそこでかつての上官トラウトマン大佐から投稿するよう説得を受ける。以下はその際にランボーが放ったあまりにも有名な長セリフである。

何も終わっちゃいないんだ!俺にとって戦争は続いたままなんだ!

あんたに頼まれて必死に戦ったが勝てなかった!そして帰国したら空港で非難轟々だ。赤ん坊殺しとか悪口の限りを並べやがった!

あいつらはなんだ!?戦争も知らずに!頭に来たぜ!

(あの頃の風潮だった。過去のことだ。)

俺は世間じゃのけ者なんだ!戦場じゃ仁義があってお互い助け合った。わかるか?

(君は戦場の英雄だ。恥を晒すな)

戦場じゃ100万ドルの兵器を任せてくれた!でもここじゃ駐車係の口も無い!!!

惨めだよ…どうなってるんだ?皆どこだ?なあ…?

空軍にも気の合う友達がいたよ。大勢いた。戦場には頼れる親友がたくさんいたよ。ここでは独りだ…

ダンを?

あいつとはウマが合って、ラスベガスのこととか好きな車の話なんか、あいつ赤いシボレーがお気に入りで2人でぶっ飛ばそうって…

あのベトナムの子のせいだ。靴磨きの箱を持って俺たちの所へ来た。

断ったさ。だがダンは磨いてくれと頼んだ。俺がビールを取りに行った時、ダンが靴磨きの箱を開けたら爆発した。

彼の手足がバラバラになって吹っ飛んだ。肉が俺にへばりついてもうめちゃめちゃだ。血まみれになって手当てしたよ!でも内臓がはみ出してきた!

誰も助けてくれない。彼は言った!「家へ帰りたい帰りたい」と言って泣いた!

俺は彼のちぎれた手足を探したんだ。でも見つからない。

まるで悪夢だった。もう7年になるが毎日思い出す。悪夢にうなされて気が狂う。そんなことがひたすら続く。どうにもならない…

この独白の後ランボーは投降する。

勝てなかった戦争を戦った人々へ

ランボーの経験は決して特殊なものではない。社会には理不尽があふれ、戦いたくもないのに「何のために」が欠落した戦場に駆り出され、その戦いには勝てず、納得はできないが講和条約を結ぶ、そういった繰り返しで社会は回っている。多くの人はそれが当たり前として我慢して次の戦場へ向かう。それが大人の行動、社会人の常識だとして受け入れていても、心の奥底で完全燃焼できなかった悔しさが残っているのではないだろうか。

 

負け戦であっても和睦した以上は落とし前をつけて矛を収めるのが大人で、賢く、常識だが、せめて銀幕の中ではランボーに感情移入してやり場のない感情を処理したい、私はそう思った。